シミ隠しにはコンシーラーが人気|明るい場所でも怖くない

レディー

ニキビの跡を綺麗に消す

鏡を見る人

気になるニキビの跡

ニキビが気になっていたと思ったら、いつの間にかニキビ跡として残ってしまっていると言う人も少なくありません。ニキビ跡には赤くなってしまうものから、クレーターのように肌にでこぼこした跡が残ってしまうものなど様々あります。ニキビ跡を治す為には、病院に行なって治療をするのが当たり前でしたが、最近では自宅で簡単に治療できるようになりました。ニキビ跡の治し方を知る為には、自分がどのニキビ跡の種類であるかを知り原因を知るのが大切です。赤くなるタイプのニキビ跡の場合には、ニキビ自体の腫れが落ち着いた後に赤みだけが残ってしまうものです。肌内部でニキビの炎症によるダメージを治す為に毛細血管をたくさん作りだすのですが、その毛細血管に流れる血が肌表面に浮き出てくる事によって赤みが出てきます。

ニキビの跡の種類と原因

赤みの出たニキビの跡は時間の経過と共に、薄くなり改善していく事が多くあります。茶色っぽくなるニキビ跡は、シミのように色素沈着して起こります。ターンオーバーによって本来排出されるはずのメラニン色素が、茶色くなったまま排出されなくなってしまう為にシミとして残ってしまう事によって起こります。このタイプのニキビ跡の場合、通常のシミのケアと同じく、メラニンを薄くする成分の入った化粧品が効果的です。特に効果的な成分は、ハイドロキノンです。皮膚科でも採用される成分で、美白効果が高いと言われています。ニキビの炎症がひどくなると起こるニキビ跡が、クレーター状になるニキビの跡です。強い炎症によって皮膚が破壊されるのが原因なので、肌のターンオーバーを促進させる事が大切です。レチノールやFGFといった成分なら、ターンオーバーを繰り返す中で凹んだ肌をふっくらとさせてくれます。また、併せて食生活や生活習慣の改善を行なうとさらによいでしょう。